2016年8月19日金曜日

MH334 Studio Referenceアップグレードサービス受付開始


春のヘッドフォン祭にて先行受付を行いました、「MH334スタジオリファレンスアップグレードサービス」の受付をいよいよ開始いたします。
MH335DWと同様、FitEarホームページの「スタジオリファレンスアップグレードサービス」専用申込フォームよりお申し込みください。
全体的なお申し込みの流れはMH335DWと同様ですが、ここであらためてご案内させて頂きます。

Studio Referenceアップグレードサービスとは
ステージ上での使用を前提としたカスタムイヤーモニターですが、近年ではレコーディングやミキシング、マスタリングに至る音楽制作過程での利用が広がっています。
これらスタジオユースにおいてより正確なモニタリングを提供すべく、杉山勇司さん、Dub Master Xさん他プロフェッショナルユーザーにご協力をいただき、高域周波数レンジ拡大と中低域解像度の改善を目的としたセットアップを行いました。MH334の周波数レンジ拡大ならびに中低域解像度の向上を目的に、ネットワークのオプティマイズを実施。使い慣れたMHシリーズを買い換えることなく「Studio Reference」へのアップグレードが可能です。

アップグレードの流れ

  • 専用フォームからお申し込み
  • 弊社より発送依頼のご案内
    • お申し込み後、作業準備ができましたらアップグレード対象となるイヤモニの発送依頼をこちらよりご案内しますので、着払いにて須山補聴器銀座店までご発送願います。
    • なお、お申し込みのタイミングにより発送依頼のご案内が場合によっては1ヶ月ほどかかる場合もございます。あらかじめご了承下さい。
  • アップグレード作業
    • お送りいただいたイヤモニに対してアップグレード作業を行います。
  • 完成・納品・お支払
    • 作業完了後、ご指定の住所へ発送いたします。製品到着後に代金をお振り込みください。
    • ※銀座店へ直接イヤモニを持ち込み、または店頭で直接受け取りご希望の場合は事前の来店予約が必要となります。


アップグレード費用
アップグレード費用は27,000円(税込)となります。また、MH334の製作時期により、フェイスプレート(コンタクトピン接点部分)に違いがあります。旧型フェイスプレートの場合は新型フェイスプレートへの交換作業が必要となり、費用は37,800円(税込)となります。

現時点において、MH334新規製作時におけるアップグレードの適用についてはお受けできません。既存ユーザー様向けのサービスとなります。あらかじめご了承下さい。

お申し込みはこちらから

The information herein contained applies only to customers who purchased earphones from authorised resellers in Japan. Customers living abroad who purchased MH334 earphones, and who would like to upgrade to their to MH334 Studio Reference are required to wait until the service is offered by the authorised reseller from whom they purchased their earphones.

2016年8月1日月曜日

ポタ研2016夏、ありがとうございました。

7月30日のポータブルオーディオ研究会2016夏に出展させて頂きました。ご来場のお客様、そして出展社や運営スタッフの皆さま、ありがとうございました。
 今回は既存モデルであるParterreをアップデートしたParterre+をメインとしたご紹介でしたが、ポタ研会場限定先行発売ということもありたくさんのご関心を頂きました。

Parterre+、まずポタ研限定先行販売とさせて頂きましたが、今後の展開については今回頂いたご意見なども検討したうえで、またご案内できるかと思います。
 またその他の製品に関する皆様からのご意見、ご感想などもしっかりと受け止め、今後の製品開発に活かしたいと思っております。
次回のイベントはおそらく秋のヘッドフォン祭になるかと思いますが、次回もぜひよろしくお願いいたします。 

そして秋のヘッドフォン祭に関して大切なことが。
 「社長の須山は不在です」